日帰りで登る日本三名山「白山」標高2702m

スポンサーリンク

登山を初めてからいくつか山を登り、芽生えてきた気持ち。

もっと高い山、そして有名な山に登りたい!っていう気持ちが強くなり、県内(石川県)で1番高い山の白山に登ることにしました。

7月に入ると山開きでマイカー規制が始まってしまうのでその前に行きたい。
でも残雪が多いと不安なんでギリギリの6月30日に登ることにしました。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

白山の登山記録

山の概要

霊峰白山 御前峰

霊峰白山 御前峰

白山(はくさん)は、白山国立公園内の石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがる、標高2,702mの山である。日本百名山、新日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。最高点の御前峰(ごぜんがみね)には、一等三角点と白山比咩神社奥宮がある。 富士山、立山と共に日本三名山(日本三霊山)のひとつである。
白山は、富山県、石川県、福井県、岐阜県の4県にまたがる両白山地の中央に位置し、その最高峰である。山頂周辺は、成層火山となっている。30万年から40万年前から火山活動を始め1659年(万治2年)の噴火が最も新しい。白山とは、最高峰の御前峰(標高2,702m)・剣ヶ峰 (2,677m) ・大汝峰 (2,684m) の「白山三峰」を中心として、周辺の山峰の総称である。そのため厳密には、現在の県境は、石川・福井・岐阜・富山に跨る。また、別山・三ノ峰を加えて「白山五峰」という。「白山連峰」と呼ばれることもある。 北陸地方の中では標高の高い山であるため、他の山では残雪が消えた季節でも「白い山」として遠方からでも一目で判明する山である。また、白くなった白山は北陸に晩秋が訪れた象徴ともなる。
「白山」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2014年5月24日 (火) 01:06

登山ルート

分岐地点

分岐地点

別当出合登山口から砂防新道を通り甚之助避難小屋、室堂で休憩し山頂の御前峰へ。
帰りは観光新道から駐車場までの下山ルート。

駐車場

別当出合駐車場

別当出合駐車場

マイカー規制前だったので別当出合駐車場に駐車。
たくさん駐車スペースがありましたが、私が行った時はほぼ満車状態でした。
GoogleMapsで位置を確認

2013年6月30日
山名白山(御前峰)
標高2702m
天候快晴
人数1人
登山口別当出合登山口
コースタイム
上り
下り
7時間13分 ※休憩含む
3時間45分
3時間6分
アクセス/駐車場・駅車/別当出合駐車場
登山装備/持ち物登山装備/持ち物リスト一覧へ

GPS

感想

砂防新道は整備されていてとても登りやすい登山道でしたが、途中残雪があり危険なところもありました。

登りやすくてペースが速かったのか室堂手前あたりから股関節が痛み出し、室堂から御前峰の間はとても辛かったです。

本来の計画では、御前峰、剣ヶ峰、大汝峰を周って下山するつもりでしたが、あまりの痛さに断念。

御前峰山頂はガスで景色はまったく見れませんでしたが、登山中は終始快晴でとても気持ち良かったです。
※当ブログの情報による事故や損害、トラブルが生じた場合一切責任を負いかねます。登山は自己責任で安全に行ってください。

フォトギャラリー

山に魅了された男の登山記録