里山の残雪期には4本爪軽アイゼンを持っていると心強い!!

スポンサーリンク

初めて山に登ったのは今から3年前の5月。

地元北陸といえど5月になれば平地には雪が残っていません。
でも初めて登った標高900m程度の里山の山頂付近にはまだ雪が積もっていました。

初心者の私はネットの情報から山には30cm程度積もっている事を把握していましたが、ゴアテックスのトレッキングシューズで大丈夫だろうと軽く見ていました。
が、防水うんぬんというより少し急な坂や階段が滑って登れない。

何度も滑って尻もちをついていました(笑)

それからは低い山であろうと雪が残っていそうな時期は4本爪の軽アイゼンをザックに入れるようにしています。

4本爪のアイゼンは簡単に装着できますし、コンパクトに収納することもできるので1つは持っておきたいアイテムですね!

以下私が使用しているマウンテンダックス(mountain dax) 4本爪アイゼン を紹介します。




マウンテンダックス(mountain dax) 4本爪アイゼン

マウンテンダックス(mountain dax) 4本爪アイゼン

使い方はとっても簡単!

使い方はまずアイゼン本体に書かれている左右どちらかのシューズにアイゼンのワイヤーをシューズの踵に引っ掛けます。
※下の画像は右足用です
image

シューズの中央、踵に当てるように着けます。
image

あとはベルトを締めて装着完了!
image

これで残雪期の里山登山も怖くない!!
ちなみに破れにくそうな収納袋付いてました。
image

山に魅了された男の登山記録