汗かきさんが頭部から出る汗対策するならTNFのディプシーカバーイットやBuff(バフ)がオススメ!

スポンサーリンク

登山装備の中で必須アイテムとまでは言いませんが、紫外線や怪我、防寒対策として用いられる帽子。

キャップやハットなど形は様々で、フリースやゴアテックスなどいろんな素材を使用して作られています。

被らなくても登山はできますが、高い山に登れば登るほどお天道様との距離が近くなり紫外線も強くなりますし、登山道には木の枝が突き出ていたりするので頭部を守る為や、冬山では防寒対策として被っている人も多いと思います。

そんな帽子を被ると汗で頭が蒸れるから避けている人っていませんか?

私がその1人で、かなりの汗かきなので登山中汗が止まるときがありません。
更に帽子を被ると蒸れて気持ち悪いし汗がタラタラと顔面に流れてくるので極力被りたくないのが本音。

でも、登山中は汗は出るし直射日光が頭皮を刺激するわで何かを被っていないと耐えられません。

そこでタオルをバンダナのように巻いて代用していましたが、たまにほどけてしまうし汗が乾かず汗冷えしてしまうのが難点でした。

その対策として購入したのがTHE NORTH FACE(ノースフェイス) ジプシーカバーイットです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)DIPSER COVER-IT

DIPSER COVER-IT (ブラックマウンテン)

DIPSER COVER-IT
(ブラックマウンテン)

この商品は速乾性に優れている上、いろんな使い方ができます。ヘッドバンドビーニーフェイスマスクネックゲイターなどのほかリストバンドとしても使うことができます。

image

登山中は主にビーニーとして使用し、トレラン中はヘッドバンドとして使用しています。
汗が顔に垂れるのを防いでくれるし汗冷えも防いでくれるので重宝しています。

ただ紫外線をカットできないのが残念。

同じような機能で紫外線を95%カットできる商品もありました。次買い換える時が来たら下記の商品を検討したいと思っています。

Buff(バフ)ネックカバー/ネックウォーマー HIGH UV PROTECTION BUFF MARINE ADULT
Buff(バフ)ネックカバー/ネックウォーマー HIGH UV PROTECTION BUFF MARINE ADULT

この商品ではある程紫外線を防ぐことができますが、ツバが無いので視界の確保や目に直接入る紫外線は防ぐことができません。サングラスなどの対策が必要です。

帽子を被っている人も帽子の下にこのような商品を被っている人も見かけます。
そのようにすれば、汗冷え対策もできますしレインウェアを着た時フードで視界を遮ることもないのでいい組み合わせだと思いますが、私は帽子全般似合わないのでしたことがありません。

汗かきさんや帽子が似合わないから何も被らないのも選択の内ですが、これを被ることで汗冷えや怪我なども防ぐことができるのでオススメします。


posted with カエレバ

山に魅了された男の登山記録