忘れちゃいけないトレイルランニングの必須アイテムの1つマイコップ!

スポンサーリンク

トレイルランニングの大会では携行品としてマイコップと書かれていることが多いです。

トレイルランニングはマラソンとは違いスタッフの人数も限られ、自然とも共生しなければならないので準備してある水分を走りながら飲み、紙コップを道端に捨てるというスタイルではありません。

エイドステーションでは、自分のコップにスタッフの方から水分を注いでもらったり、ハイドレーションに水分を補給するなど足を止めて水分を補給するのが一般的です。

多少はエイドに紙コップが準備されていますが、マイコップは持参していきましょう!

初めて参加した大会の時、私はマラソン大会と似た感じだと勘違いしコップを持って行かなかったことがありました。
周りの選手はマイコップを使用している中で1人だけ「紙コップ下さい」とスタッフに声をかけるのが申し訳ない気持ちでいっぱいになった記憶があります。しかも5カ所のエイドすべてです。

その教訓から次の大会には100円均一の折りたためるゴム製のコップを持っていきましたが、大会の途中に穴があいてしまい、結局「紙コップ下さい」と言うハメに…。

周りの選手は、ステンレス製のマグカップにカラビナを付けてバックパックにぶら下げていましたが、走っている時揺れてバックパックに何度も当たっている光景を見ました。

神経質な私は気になって走れないなぁと思い、何かいい方法がないか探していたところUltrAspire(ウルトラスパイア) レースカップを見つけました。

UltrAspire(ウルトラスパイア) レースカップ

UltrAspire(ウルトラスパイア) レースカップ

UltrAspire(ウルトラスパイア) レースカップ


容量は170mlで缶コーヒーよりチョット少ない程度で重さは20gしかありません。

水分を1回の補給で済ませようと思うと300〜500mlの容量が必要ですが、そんな大きなコップを持ち歩くわけにも行かないので、2・3回おかわりするつもりで軽量かつコンパクトさを重視。

このカップは更に折りたたむことができるのでバックパックのウエストやショルダー部分にあるポケットにスッポリはいります。

サイズは12×9センチで2つに折りたたむと6×9センチになり、厚さは約5ミリとコンパクトになりました。

image

私みたいにコップが体にビシバシあると気になって走れない神経質な方やスムーズに水分を補給したい方にオススメです!

耐久性についてはまだ2大会しか使用していないのでこれから検証したいと思います。

※salomon(サロモン)からもレースカップがでていたので参考までに
[サロモン] salomon SOFT CUP 150ML/5OZ L36632100 None (ブルー)

山に魅了された男の登山記録